• HOME
  • 事例集
  • 日本人・外国人間で採用・育成基準に差をつけない

日本人・外国人間で採用・育成基準に差をつけない

森トラスト・ホテルズ&リゾーツ株式会社 (東京都品川区)

  • 住居・生活支援
  • 社内環境整備
  • 活躍・育成
  • 管理職登用

外国人材の採用・活用状況

多国籍の従業員がいることが従業員の助けに

  • 調理場で活躍する外国人材

近年、英語を話す方だけでなく、多国籍のお客様が増えてきている。多様な従業員がいることで、普段の業務がスムーズに進めることができている。
そのため、特に新規プロジェクト(ホテル、レストラン)の開業に伴う募集においてグローバルに人材を採用する予定である。

活躍・育成に向けた取組

日本人・外国人で差をつけない育成方針

  • 「マルチオペレーション」による人材育成

人材育成支援についても日本人・外国人で差異を設けていないところに特徴がある。接客においては「マルチオペレーション」という形態をとっており、接客を含むすべての業務を経験してもらうことが前提であり、そのなかで人材育成を行っている。

取組の効果と今後の展望

大学連携インターンシップ等を活用してグローバル採用

コロナ禍の影響は大きく、足元での外国人採用は減っているものの、需要回復の兆しが見られれば、自社HPのほか、紹介会社やSNSなども積極的に活用して、グローバル採用を行いたい。
また、現在海外の大学と連携してインターンシップ受入もしているが、そのプログラムから社員への登用も今後増やしていきたい。国による支援策として、優秀な人材・大学を招待して職業訓練を行うプロジェクトを主導してほしい。

宿泊業全体で今後の業界を担う人材育成が必要

外国人だからという育成ではなく、日本人も外国人も併せて、人材育成していく必要性を感じている。業界として、キャリアの途中段階においても、ホテルの経営や運営について改めて学びなおす機会を作るべきである。

設立年 1973年  新設分割2006年
従業員数 872名 (他パートタイマー431名)
【うち外国人材:80人】
(2021年1月、現在)
【主な国籍】
ネパール、フィリピン、ブラジル、フランス、オーストラリア、ベトナム等
主な事業内容 ホテル・ゴルフ場運営 他
URL https://www.mt-hr.com/
代表者

代表取締役社長
伊達 美和子

施設