• HOME
  • 事例集
  • 「総合観光企業」として外国人材を積極活用

「総合観光企業」として外国人材を積極活用

株式会社ワールド・ヘリテイジ (奈良県奈良市)

  • 各種手続
  • 住居・生活支援
  • 社内環境整備
  • 活躍・育成
  • 管理職登用

外国人材の採用・活用状況

インバウンドの増加を機に外国人材を積極採用

  • 外国人材の様子(研修時)

インバウンドの増加を機に、特にアジア圏の観光客が増加し、今後の観光業を見据えて積極的に外国人採用を実施している。中国、香港の外国人材に加え、近年はベトナムの方の採用も増えてきている。採用においては国籍を問わず、女性でも安心して就業いただけるよう、生活に関する各種手続きや配属などにも配慮している。
採用を進めるにあたっては、地元の大学や専門学校、日本語学校に出向き、担当教員と対話しながら、観光業や来訪者に「おもてなし」をすることに関心の高い人材を積極的に採用している。

活躍・育成に向けた取組

課題解決型の人材育成に向けた教育・交流メニュー

  • クラブ活動の様子

当社の経営理念では「SDGs」を中心に位置づけている。そのため、人材育成メニューや交流メニューにもその概念を取入れている。外国人材にもキャリアアップを図ってもらいたいと考えており、持続可能な未来に向け、多国籍な環境の中で働くことで、課題解決型の人材として成長することを期待している。
具体的には、社内や各施設内の人材交流を活発にするために自発的なクラブ活動を推進している。いつも一緒に仕事している仲間、普段は接しない従業員との交流がモチベーションとなり、外国人材に限らず、従業員の定着率の維持・向上にも寄与している。

取組の効果と今後の展望

日本の文化を習得して世界への発信を期待

観光業はサービスの輸出業ととらえている。外国人材の皆さんには、当社での経験を通じて、日本の文化をはじめ、日本そのものを好きになってほしいと常に思っている。特に、和食、茶道、華道、和服の着付けなど、日本古来の文化を学び、世界に発信していただきたい。当社を巣立った外国人材の皆さんによって日本と世界をつないでいただき、グローバル化が促進されることを期待したい。

外国人材を活用した体験メニューやガイドメニューの充実

お客様からは、特定技能外国人材をはじめ、外国人材の「おもてなし」の評価が高い。都市型のホテルのため団体客も多く、彼らが満足していただけるような体験メニューやガイドメニューの充実が重要と考えている。お客様の立場やニーズを踏まえるために、外国人材の皆様とともに、体験メニューの開発やガイド育成も進めたいと考えている。

設立年 2000年
従業員数 316名
【うち外国人材:38人】
(2019年5月現在)
【主な国籍】
ベトナム(特定技能1名)、中国、台湾、韓国、ネパール
主な事業内容 ホテル・団体レストランの経営
URL https://www.worldheritage.co.jp
代表者

代表取締役
川井 徳子

施設